夜空の星

日々思ったことを徒然と。管理人はただのオタクです。漫画とアニメと時々小説。

魂の救済を

根っこにあるのは物語に救われた経験。現在進行形で、物語に救われている。物語とは私にとっての生きる意味、だ。

人生を捧げるなら物語に奉仕したい。そう思うのは必然だった。自らの実存を賭けて強く誓う。いまは。もう生半可なキモチではいられない。

これは決意である。物語に救われた私は、物語で救う側になる。信念は一貫してこの哲学で駆動している。これまで以上に強く、いまは。思う。そう、思う。