読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜空の星

日々思ったことを徒然と。管理人はただのオタクです。漫画とアニメと時々小説。

かつてキョンに成りたかった君へ

 長かった大学生活が終わってしまった。いや、それは本当に長かったのだろうか?「長いようで短い」というフレーズは区切りの年ごとに使ってきたが、これまでの4年間が果たしてあっという間に過ぎ去ってしまったのか、まだ判然としていない。現状、モラトリアムから半歩ほど足を踏み出している身ではあるが、茫洋と、どこかを揺蕩っている感覚のただ中にいる。

続きを読む

魂の救済を

根っこにあるのは物語に救われた経験。現在進行形で、物語に救われている。物語とは私にとっての生きる意味、だ。

人生を捧げるなら物語に奉仕したい。そう思うのは必然だった。自らの実存を賭けて強く誓う。いまは。もう生半可なキモチではいられない。

これは決意である。物語に救われた私は、物語で救う側になる。信念は一貫してこの哲学で駆動している。これまで以上に強く、いまは。思う。そう、思う。

脳髄書籍論

 読書について、改めて思うこと。

「本は脳髄であり、宇宙である。」と以前書いたりした。

airstar.hatenablog.com

続きを読む

作品を「摂取」することについて

 気づいたら新年でした。コミケもいつの間にやら終わっていて今年も1週間が過ぎ去った。年末年始は怒涛の体調不良で、2016年に蓄積した邪気が未だに尾を引いて私の体を蝕んでいます。喉は痛いし頭痛がひどい。気分は最悪。やることは堆積。年明けのスケジュールも順調に崩壊しているこの頃。

続きを読む

夢の選択肢

 冬コミの原稿も終わり、クリスマス連休も明けた月曜の朝、エモい文章を書きたい欲が湧いてきたのでさらっと短めに綴ります。

 前回書いた夢の話の裏側にあるものみたいな感じで。参照▽

airstar.hatenablog.com

続きを読む